にっこりどんぐり

ゼロイチよこはま算数教室の事。どんぐり子育ての事。

夏休み!分からん帳月間ですよ!

こんにちは。

坂田えりかです☻

夏休みが始まって、1週間は経ちましたね。

みなさん夏休み楽しんでますか?

 

私は、市民プールに1週間に2回も子ども達と行きました。

娘は腕にヘルパーをつけて、泳いでいたのですが、足のつく幼児用プールで、

急にヘルパーをはずすと言い出し、何回もチャレンジしたのちに、

ヘルパーなしで1~2Mくらい泳げるようになりました。

子どものやってみるぞ!やってやるぞ!!っていうスイッチが入った瞬間を見て、

なかなかない瞬間に立ち会わせてもらえたなって嬉しく思いました!

もしね、習い事で、水泳を習っていたら、この泳げるようになった瞬間に私が、立ち会えないかもしれないですよね。

どんぐり倶楽部の環境設定では、習い事は子どもが自分のお小遣いを払ってでも行きたいものを1つ。とあるので、娘はまだ、1つも習い事をしていません。

糸山先生のお陰で、凄い瞬間に立ち会えたなって思った出来事でした~。

 

さて、本題の分からん帳月間!

そう!夏休みは分からん帳月間ですよ!

なんのストレスもない、夏休みに自分が苦手とする問題ばかりを取り組む月間です。

私は、どんぐり問題の素晴らしさは、分からん帳にあると思っています。

だって、1年間かけて、子どもが分からない問題をふるいにかけているのですから。

そして、その問題に続けて取り組むことによって、1段ステージを上げることになるのです。

しかも、解けたら、何にも教えてないのに、自分が進化したって気づけてしまうのですよ!

だから、夏休みの分からん帳って、大事なんですよね!!

 

取り組む頻度の目安としては、

低学年は、週に3~4問、高学年は、4~6問、取り組めるといいですね~。

また、必ず勉強してはいけない日を1日作って下さいね!

また、年長さんから始めたお子さんは、分からん帳はまだ取り組みませんよ!

小1の夏のお楽しみですよ~!!!

 

 7月もあと1日で終わりますね。みなさん良い夏休みを~♪

ゼロイチホームページからお問合せいただいた方へ

こんにちは。

坂田えりかです☻

 

ゼロイチのホームページからお問合せをいただくと、

私(nikkori.donguri@のメールアドレス)から返信をしているのですが...

その後、返信のない方が時々いらっしゃいます。

メールが届いていて、読んで下さっていれば良いのですが〜。

 

問い合わせしたのに、連絡こないなぁ~って思われていたら、いけないので、

もし、私からのメール来てないよ〜という方がいらっしゃいましたら、

nikkori.donguri@gmail.com まで連絡くださいませ。

 

また、迷惑メールのフォルダーやGmailだとプロモーションの所にメールが入ってしまう事もあるので、そちらもご確認下さいね!

 

 

 

♪♪自宅教室のご案内♪♪

日時〇 毎週金曜日 16時15分から17時45分

   今のところ曜日、時間等相談可能です。

場所〇 横浜市南区の自宅教室

料金〇 月謝制  6000円

体験〇 2000円(初回のみ)(体験後入会された方は、2000円返金致します)

単発利用〇 2000円

定員〇 残り2席

 

※入会金として、5000円頂戴します。

※教室後に親御さんにフィードバックをお伝えしたり、おうちでどんぐりを取り組むうえでの提案などのサポートをいたします。

※自宅教室生は、大岡地区センター教室への振り替えも可能です。(空席がある時のみ)
※自宅教室は、お子さんのみの教室です。(体験の時は、親御さんも入っていただけます。)

 

 

9月の大岡教室は、

9月18日(土)10時〜11時半

(9月のみ、大岡地区センターではなく、別の場所で行っています。)

今のところ、大岡教室は、年間登録生で満席の予定です。

 

 

お母さんのノートの大きさも侮るなかれ!

こんにちは。

坂田えりかです☻

今日は、お母さんのノートの大きさの話です。

 

子ども達がどんぐり問題を解くときに、お母さんも一緒に解くのが大事!と

どんぐり倶楽部では、言っています。

が、一緒に解いているけど、余った紙とか、家にあったいらないノートとかで解いていませんか?

 

かつて、どんぐりを始めたばかりの私もそうでした~。

家にあった、A5のノートとか、いらない紙とか...。

子どもがちゃんとクロッキー帳を使っているからいいかと思っていたんですよね。

親の私が解くのは、なんでもいいかなって思っていたんです。

 

でも、そうじゃないんです。

お母さんもクロッキー帳のⅬを使うのが大事!!

 

なぜなら、お母さんも子どもと同じ大きさの紙を使って、問題を解く事で、

子どもが体感している事が分かる。

また、お母さんが問題を解くのは、子どもに対してのお手本であるわけなので、

そのお手本が違うサイズのノートで解いていたら、お手本にはなりませんね。

 

クロッキー帳を使って、少し難しい問題を解いて、あーでもない、こーでもないと楽しみながら、工夫をしている姿を見せる。

ここが大事だと思います。

 

実際に、小さい紙で解くのととクロッキー帳のⅬサイズの見開きで問題を解くのと、

解いている時の感覚は全然違いますよ!

小さい紙に書いていると、途中で隣のページやなんなら次のページにいってしまって、

思考が途切れる感じがします。

 

クロッキー帳のLで解くと、紙面が広いので、どんどん書き足していっても、なんのストレスもありません。

どんぐりでは、絵を動かすことは考える事。

絵を動かすスペースがないと、十分に考えられないですよね。

だから、ノートのサイズは、大事なんです!

 

ちなみに~お子さんでもお母さんでも、

見開き2ページに収まらない場合は、紙を横に付け足していって下さいね!

次のページにめくってしまうと、せっかく描いた絵が見えなくなってしまうので。

 

ということで、

お母さんもクロッキー帳のⅬを使うのが大事!!

 

ぜひ、クロッキー帳使ってなかった方は、使ってくださいね~。

 

 

 

 

◎8月、9月の予定◎

こんにちは。

坂田えりかです。

 

8月は、夏休みで分からん帳月間の為、お教室はお休みです。

自宅教室の体験や単発の受付は、

8月27日から承ります。

夏休みでリフレッシュして、これからどんぐり始めようかなぁ〜とお思いの方、8月最後の週は、教室を開けますので、ご利用下さいね!

 

♪♪自宅教室のご案内♪♪

日時〇 毎週金曜日 16時15分から17時45分

   今のところ曜日、時間等相談可能です。

場所〇 横浜市南区の自宅教室

料金〇 月謝制  6000円

体験〇 1500円(初回のみ)(体験後入会された方は、1500円返金致します)

単発利用〇 2000円

定員〇 残り2席

 

※入会金として、5000円頂戴します。

※教室後に親御さんにフィードバックをお伝えしたり、おうちでどんぐりを取り組むうえでの提案などのサポートをいたします。

※自宅教室生は、大岡地区センター教室への振り替えも可能です。(空席がある時のみ)
※自宅教室は、お子さんのみの教室です。(体験の時は、親御さんも入っていただけます。)

 

 

9月の大岡教室は、

9月18日(土)10時〜11時半

(9月のみ、大岡地区センターではなく、別の場所で行っています。)

今のところ、大岡教室は、年間登録生で満席の予定です。

 

夏休みだ!ロイヤルスマイルだ!

こんにちは。坂田えりかです☻

 

さあ、夏休みが始まりました~!!!

梅雨もいつの間にか開けたようで、暑い日々が続きます...。

 

さて、夏休みとなると、毎日子ども達と一緒でご飯も三食作らなくては。。。汗

とお思いの方も居ると思います。

はい。私もそうです~✋

 

そこで、昨日気づいたのです、、、

すでに幼稚園が午前保育で子どもといる時間が長くなっていた私。

ママー絵本読んで~とか、ママー外で遊ぼ―とか、まだ、おうちの仕事が終わってない時から、どんどん言ってくる娘。

 

分かった~!今行く~とか、食器洗ったら遊ぼ―なんて、言ってなんとか彼女の要求をのむようには、していたんですけど。

はたと気付くと。

私、笑ってない…汗

 

うわー自分で過去のブログで、意外と真顔って怖いんですよ~なんて言ってたんですけど、自分がやってしまっていた~汗

 過去記事はこちら👇

nikkoridonguri.hatenablog.com

 

なぜ、気が付いたかというと、息子に、『ママ、今の横顔めっちゃ怖いよ』って言われたからなんですけど…。

それ、真顔だったんです~。

 

ということで、夏休み、ロイヤルスマイル宣言致します~♡

これを読んでいるみなさんも、一緒に夏休みは、ロイヤルスマイルで行きましょう~!!

 

 

7月大岡教室開催しました!

こんにちは!

坂田えりかです☺︎

 

昨日は、月1回のお教室でした。

いつもの大岡地区センターが使えなくなってしまった(ワクチン接種会場となる)ため、いつもと違う場所でしたが、みんな落ち着いて、取り組んでくれました‼︎

 

今回は、初めに短冊を書きました〜。

今回は特別なプロジェクトに参加させてもらえることになり、書いた短冊が人工衛星に乗って、宇宙へ行くことになります〜‼︎

 

1人1人、短冊を書いた後には、

私が促す間もなく、どんぐりを取り組む準備をしてくれました♪

ゆったりとした時間の中、思い思いの絵を描いてくれていましたよ〜‼︎

 

8月は夏休みなので、次に会えるのは、9月‼︎

夏休み後にみんなに会えるのを楽しみにしています❤︎

 

 

どんぐりスタート!!だ、け、ど...汗 

こんにちは。坂田えりかです☻

どんぐりに出会う前から出会った時の頃の話を以前の記事で書いていました。

 

そこで、今回からは、どんぐりに出会ってスタートさせる所について書きたいと思います。

 

どんぐり倶楽部に出会って、自分のしたかった教育に出会えた訳ですが、ホームページを見て、やり方は分かったから、とりあえずやってみようってなりますよね。

 

その時に私、1つ失敗します…涙

 

それはね、とりあえず、やらせたくなってしまい、環境を整えず、問題に取り組んでしまったことです。

 

今までの日課と称してやらせてきた、ドリルをやった、後に!

 

その時の息子の反応はどうだったかって⁈

それはそれは…

『何これ〜こんなのわかんないよ〜💢』

『こんなのやりたくない〜涙』

で途中で投げ出してしまい、そこで終了。

 

あーやってしまった…。

お母さんが悪いよね…。ドリルとか色々やった後にどんぐりだもん。

と反省しました。

 

今なら分かります。

アクセルとブレーキを一緒に踏んでるような物だから一緒にやってはいけないって。

楽しく取り組める様に、整えてから、始めるべきだって…。

 

もし、このブログを見てる方で、

これからどんぐりを始めようと思ってる方がいらしたら、

まずお子さんの今の生活の状態を確認して欲しいなって思います。

 

そして、今、ドリルや○文や、反射系のことをさせている方が居たら…

まずは、すぐどんぐりを始めないで、リセット期間を取って欲しいなと思います。

1週間でも2週間でも1ヶ月でも。

 

リセット期間は、宿題も習い事も無しで、

子どもがやりたい事をゆっくりとさせてあげて下さいね。

(もちろんテレビやゲームなどどんぐり倶楽部で厳禁としている物以外でね)

ヒマになった子ども達は、何が始まるか、観察してみてくださいね。

 

そして、ゆっくり時間が流れている時に、どんぐりをスタートさせて欲しいなと思います。

 

ここ、けっこう、大事、です☺︎